白米千枚田

分科会

 国際的な認証を受けた地域では、すでに多様な主体が参画し、地域の生物文化資源に新たな魅力、価値を発見・創造し、それらがさらに外部からの資源を呼び込むという「良い循環」が形成されつつあります。しかしながら、人口の高齢化、生物文化資源の地域の担い手育成など解決すべき課題もあります。

 分科会では、優良事例や課題の共有を通じて、生物文化資源の保全活用による持続可能な地域づくりに資する政策提言のとりまとめを目指します。分科会は大きく以下の3つのテーマに分けて開催します。

  • 自然と文化の保全政策協働
  • 生物文化資源の活用と人材育成との好循環
  • 国際認証を活かした地域づくりと相互交流
場所
石川県七尾市和倉温泉 あえの風 鳳凰、奉燈
日時
2016年10月27日(木)
趣旨説明
テーマ別分科会
 

1階 鳳凰

【第1分科会】

生物文化多様性の展開に向けた政策調整

1階 鳳凰

【第2分科会】

生物文化資源の持続可能で公正な活用と人材育成の好循環

3階 奉燈

【第3分科会】

国際認証地域における地域づくりのための生物文化的アプローチ
第一部
10:30-12:00
セッションA
「生物文化多様性に関わる国際プログラム」
セッションD
「生物文化資源の活用①」
セッションG
「世界農業遺産を通じた地域づくり」
第二部
13:30-15:00
セッションB
「国や地方レベルの生物文化多様性に関わる政策」
セッションE
「生物文化資源の活用②」
セッションH
「地域の人びとのユネスコエコパークへの参画」
第三部
15:30-17:00
セッションC
「地域のパートナーシップと政策実践」
セッションF
「生物文化的アプローチのための人材育成」
セッションI
「複数の国際認証を地域経営に活かす」

発表者・タイトルについてはこちら