トイレのタンク式とタンクレスの違いとは?自分に向いている選び方

住宅に導入できるトイレはさまざまなメーカーからさまざまな種類のものが発売されていますが、そんなトイレの種類を大きく分類した場合、「タンク式のトイレ」と「タンクレストイレ」に分類することができます。

それぞれのトレイにメリット・デメリットがあるため、どちらのトイレを採用するべきかで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

今回は、どちらのトイレを選ぶかで迷っている方向けに、自分に向いているトイレの選び方について紹介していきます。

タンク式のトイレとタンクレストイレ、どちらのトイレにするかなかなか決めることができないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

タンク式トイレとタンクレストイレの違い一覧

タンク式トイレ

  • 価格:安い
  • デザイン性:△
  • カラーバリエーション:少ない
  • 機能性:そこまで高くない
  • 手洗い場の有無:◯
  • お手入れのしやすさ:✕
  • ウォシュレット部分のみの交換:◯
  • 水圧:低くても設置できる
  • 連続での使用:✕
  • 停電時の使用:◯
  • 断水時の使用:◯

タンクレストイレ

  • 価格:高い
  • デザイン性:◯
  • カラーバリエーション:豊富
  • 機能性:高い
  • 手洗い場の有無:✕
  • お手入れのしやすさ:◯
  • ウォシュレット部分のみの交換:✕
  • 水圧:低いと設置できない
  • 連続での使用:◯
  • 停電時の使用:✕
  • 断水時の使用:✕

タンク式トイレとタンクレストイレの主な違いは上記の通りです。

上記の一覧を見てもらえらば、タンク式トイレとタンクレストイレにはかなり違う箇所があるのがわかるかと思います。

具体的な選び方については後ほど紹介していきますが、上記の一覧を参考にしながら、よりどちらのトイレの方が自分の生活スタイルや重視するポイントに合っているか考えてみると、より選びやすくなるのではないでしょうか?

自分に向いているトレイの選び方

自分に向いているトイレを選ぶときに意識したいポイントは以下の5つです。

  • 予算
  • デザイン性
  • 機能性
  • お手入れのしやすさ
  • デメリット

これらのポイントを特に重視しながら選んでいくようにしましょう。

1. 予算に合わせて選ぶ

住宅に導入するトイレを選ぶ場合、最も意識しなくてはいけないのは「予算」です。希望するデザインや機能を兼ね備えたトイレがあったとしても、予算を超えてしまうようであれば購入を見送らなくてはいけません。

タンクレストイレはデザイン性や機能性に優れている分、タンク式のトイレよりも価格が高い傾向にあります。

最近はタンクレストイレにも安いモデルが登場してきていますが、同じ機能を備えたトレイの場合だと、タンク式トイレよりもタンクレストイレの方が5〜7万円ほど高くなります。

いくら安くなったとはいえ、タンクレストイレは標準的なモデルであっても10万円近くするので、そこまでの予算を確保するのが難しい場合は無理をせずタンク式のトイレを選ぶようにしてください。

2.デザイン性で選ぶ

タンクレストイレを選ぶ方の多くがタンクレストイレの最も大きなメリットだと感じているのが、「デザイン性の高さ」です。

タンクレストイレは、製品名のとおりタンクのないデザインになっているため、見た目が非常にスッキリとしていてスタイリッシュな印象をあたえてくれます。

タンクがないと空間も一気に広く感じられるようになるので、トイレを広く確保するのが難しい住宅ほどタンクレストイレのデザイン性の高さによる恩恵をより多く受けられるようになります。

デザイン性の高さを求める方やトイレをより広く使いたいと考えている方にはタンクレストイレがおすすめですよ。

3.機能性で選ぶ

最近のトイレは種類を問わず高機能化してきていますが、タンクレストイレはタンク式トイレよりもより高機能なモデルが多い傾向にあります。

メーカーやモデルにもよりますが、

  • フタを自動で開閉してくれる機能
  • 臭いを軽減してくれる機能
  • 汚れがつきにくく掃除の手間を軽減してくれる機能

など、さまざまな機能が搭載されています。

また、特に注目したいのが節水性能の高さで、タンク式トイレの3分の1程度の水量で洗浄できるモデルもあるほどです。

そうなると当然月々の水道代も節約できるようになるので、ランニングコストを抑えたいのであればタンクレストイレも検討してみるべきだと言えるでしょう。

4.お手入れのしやすさで選ぶ

トイレを選ぶ場合、意外と見落としてしまいがちなのがお手入れのしやすさについて。

トイレは定期的な掃除が必要になる空間ですので、掃除など、お手入れがしやすいかどうかは非常に重要なポイントになります。

タンク式トイレはタンクがあるため、どうしてもお手入れの手間が増えますし、掃除がしにくくなってしまいがちです。

一方、タンクレストイレは、タンクがなく非常にスッキリとした作りになっているため、掃除も楽におこなえます。

ポイント家族が多いお宅だと掃除の回数も増えてしまう傾向にあるので、そういったご家庭にはタンク式トイレよりもタンクレストイレの方が向いていると言えるでしょう。

5.デメリットを比較して選ぶ

タンク式トイレにするかタンクレストイレにするかで迷っているのであれば、メリットではなくデメリットで比較して選ぶべきです。

デメリットで比較しておくと後悔する場面が減るので、メリットで比較して選ぶよりもデメリットで比較して選ぶ方が重要だったりします。

タンク式トイレのデメリットとしては以下のようなものがあげられます。

  • デザイン性が低い
  • カラーバリエーションが少ない
  • お手入れがしにくい
  • 連続で使用することができない

一方、タンクレストイレのデメリットとして以下のようなものがあげられます。

  • 価格が高い
  • 手洗い場を別で設置する必要がある
  • ウォシュレット部分のみの交換ができない
  • 水圧が低いと設定できない
  • 停電時や断水時に使用できない

どちらのデメリットの方がより妥協できるものであるかを比較し、選ぶようにしてみてください。

タンクレストイレの水圧が弱いかの確認方法はこちらでご紹介しています。

おすすめの記事