白米千枚田

プログラム

  1. 1日目

    10月27日(木)

    • 開会式
    • 分科会 分科会についてはこちら
      • 分科会趣旨説明
        中村 浩二(金沢大学客員教授、国連大学サステイナビリティ高等研究所客員教授)
      • テーマ別分科会
    • 専門家会合
  2. 2日目

    10月28日(金)

    • 全体会合 

      9:30~12:30:国際シンポジウム

      • 来賓挨拶
        正田 寛(環境省大臣官房審議官 自然環境局・総合環境政策局担当)
        磯谷 桂介(文化庁長官官房審議官)
        井上 龍子(農林水産省農林水産技術会議事務局研究総務官)
      • 基調講演:生物文化多様性:人と自然をつなぐ
        武内 和彦(国連大学サスティナビリティ高等研究所上級客員教授)
      • ハイレベルトークセッション:世界的課題と生物文化多様性
        ブラウリオ・フェレイラ・デ・スーザ・ディアス(生物多様性条約事務局長)
        フラヴィア・シュレーゲル(ユネスコ事務局長補)
        武内 和彦(国連大学サスティナビリティ高等研究所上級客員教授)
      • プレゼンテーション:石川の自然・文化を活かした地域活性化と次代への継承
        谷本 正憲(石川県知事)
      • 講演:コマツの石川県における地域活性化の取組み
        山下 修二(コマツ常務執行役員・生産本部副本部長)
      • 講演:We Love You Planet! ~丁寧に暮らそ!~
        イルカ(シンガーソングライター、IUCN国際自然保護連合親善大使、絵本作家)

      14:00~16:30:フォーラム

      • 講演:「自然と文化の多様性‐人類にとっていかに重要か」
        松浦 晃一郎(前ユネスコ事務局長)
      • 分科会報告
        ヘレン・ブリンク(ユネスコ-生物多様性条約事務局共同プログラム)
        ジョン・スコット(生物多様性条約事務局)
        吉田 正人(筑波大学)
      • パネルディスカッション:地域の自然と文化を活かすためのパートナーシップの構築~アジアの視点をふまえて
        モデレーター
        渡辺 綱男(国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット 所長)
        パネリスト
        中尾 文子(環境省自然環境局生物多様性地球戦略企画室 室長)
        キム・ヤンボ(済州特別自治道庁環境保護局長)
        ジェラルド・ジェトニー(サバ州天然資源庁上席地質官)
        三谷 典夫(コマツ粟津工場 生産技術部 農業/林業支援グループ 主幹)
        井村 辰二郎(有機栽培農家、金沢農業代表、(株)金沢大地代表取締役、アジア農業(株)代表取締役)
        萩の ゆき(まるやま組主宰)
        東 高士(石川県企画振興部長)

      16:50~17:30:クロージングセッション

      • 石川宣言 石川宣言についてはこちら
      • 特別表彰
      • ユース発表
        金沢泉丘高校、七尾高校、タイの高校生、大学生の代表者
      • 主催者挨拶
        不嶋 豊和(七尾市長)
    • レセプション
  3. 3日目

    10月29日(土)

    • フィールドエクスカーション

      コース

      1. 能登の里山里海の伝統文化とサステイナブルな地域づくり
      2. ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」と能登の自然を活かした人材育成
      3. サステイナブルな漁業と観光による地域活性化
      4. サステイナブルな農業と能登の伝統文化
      5. 白山ユネスコエコパークと発酵食文化
      6. トキの保護と白山ろくのジビエ振興
      • ※コース1~4のバスの到着は以下を予定しております。
        • のと里山空港着(NH750 16:30のと里山空港発羽田空港行に接続)
        • 金沢駅着
        • 小松空港着(JL192 19:45小松空港発羽田空港行に接続)
      • ※コース5のバス到着は以下を予定しております。
        • 小松空港着(NH758 18:50小松空港発羽田空港行に接続)
        • 金沢駅着
      • ※コース6のバス到着は以下を予定しております。
        • 小松空港着(JL190 17:45小松空港発羽田空港行に接続)
        • 金沢駅着
      フィールドエクスカーションについてはこちら
  4. 当日配布プログラムについてはこちら(PDF:1.42MB)

※当日は一部構成を変更し、上記プログラムの通り実施しました。